毒草一覧次の花
カルミア


花色は多く、たくさんの種類があります。一般的には「カルミア・ラティフォリア」という園芸種で、初夏に小さなピンクの花をたくさんつけます。スウェーデンの植物学者「カルム」の名にちなんでこの名前が付けられました。


毒草名  カルミア、アメリカシャクナゲ、ハナガサシャクナゲ、Mountain Laurel、Lambkill
学 名  Kalmia latifolia
特 性  ツツジ科 カルミア属、コネチカットの常緑低木
花 期  4〜6月
毒部位  葉
成 分  アンドロメドトキシン(Andromedotoxin)
症 状  腹痛、嘔吐、下痢、神経麻痺




庭木などにもよく用いられて、大きく育っているのを見かけることができます。


 

 

 



 



 

≪MEMO≫
・コネチカット州とペンシルバニア州では州の花。
・Pehr Kalm:スウェーデンの植物学者。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS